私たちは欲で目がくらむ生き物。だったらどうする?

私が雑誌編集者として働いていた頃、企画の売り込みを受けることも多々ありました。

よく覚えているのは、地方の中小企業の男性。自社製品を雑誌で取り上げてほしいと、何度も何度も電話がかかってきたからです。
最初の電話で、私のほうから「雑誌の趣旨とそちらの商品とは合わないため、掲載は無理ですね」とはっきり伝えています。
それでも彼は電話をかけてくるのですが、話す内容はいつも一緒。

私には仕事がたまっているし、さすがにウンザリしていました。
しかし、彼は一方的に電話でしゃべり続け「なんとか掲載できないんですか」と繰り返すだけ。
雑誌の趣旨や私の立場などへの理解が一切ないのです。

実はこのような人は珍しくありません。
世の中では「熱意があれば、きっと伝わる」「いい物はきっと理解される」「あきらめてはいけない」「自信を持ち続けよう」などと喧伝されていますが、現実は違います。これでは一種のストーカー。相手をウンザリさせて、物事を悪い方向へ進めることのほうが多いのではないでしょうか。

つくづく思うのが、欲が絡むと人間は判断力が鈍るということ。
「商品を売って儲けたい」「コネクションを増やしたい」「もっと有名になりたい」「権力を手に入れたい」といった欲によって、情報を自分の都合よく捻じ曲げて取り込んでしまうのです。周囲の状況を冷静に判断できなくなり、行動にも反映されます。

結果として仕事がうまくいかないだけでなく、暮らしにも悪影響を与えます。「あの人のせいでちょっと困っているんだけど……」「こちらの言うことに、全然耳を傾けない」と周囲から敬遠される可能性が高くなるからです。

生業が自分が暮らす場所で働くことだとしたら、信用が第一。

もちろん、お金を稼がなければ、暮らしは成り立ちません。
しかし生業では、1つの仕事で生活費をすべてまかなうという考え方はしません。
1つの仕事の儲けを大きくしようとしたら、欲に目がくらんでしまう危険性が出てきます。
ですから、仕事Aで月7万、仕事Bで月2万、仕事Cで月3万という具合に積み重ねて、生活費を稼ぐわけです。

もう一つ、生業を企画立案することと、実際にお金を稼ぐこととを、最初はキッパリと分けて考えることも大切。
「どうしても稼がねば」という欲が強くなればなるほど、正常な判断ができなくなるからです。

これは人間の脳の働きだけでなく、コミュニティや組織でも同じ。
第一段階では純粋にニーズに合わせた企画立案を行ってから、第二段階でどうやって稼げる企画にするのかを考えたり、第一段階と第二段階の部門を分けたりするわけです。

ですから「市川で暮らしと生業をつくるLab(クラナリラボ)」では私たちで新しい仕事場を創出するのですが、実際にお金を稼ぐ取り組みを行いません。
例えば「クラナリラボとしてなんらかの仕事を取ってきて、報酬を参加者に分ける」、「クラナリラボとして参加者に仕事を融通する」ということはないわけです。


クラナリラボは、いわば勉強会。
仕事の成功例・失敗例から学んだり、地元のニーズをつかんだりして、生業を企画立案し、情報発信・提供する役割に限定します。
こうすることで、クラナリラボとして正常な判断ができるようになるのです。

約2500年前に生まれた仏教では、煩悩が非常に厄介なものとされています。
煩悩、すなわちお金への欲望や権力への誘惑をどう扱うか。これは生業だけでなく私たちが生きていくうえでのテーマかもしれませんね。
Continue Reading

Action 市川! 市川市の地域の課題を解決する身の丈ビジネスを考えよう

市川市内で生活する中で、10年前とは状況が変化して時代遅れになっていたり、問題がそのままほったらかしにされていたりするケースが散見されます。
こうしたケースを解決するのが、身の丈ビジネス。
大きな問題についてはもちろん行政が介入しなければなりません。しかしご近所レベルの地域の課題は、人手・コスト面を考えれば、今後は私たち市民の手で改善する必要が出てくるでしょう。

市川市で身の丈ビジネスに発展すると思われる事例について、以下で検討しました。

地域の課題を解決するためには、単発のものは当然継続せず、また多少話題を呼んだとしてもビジネスが定着しません。
つまりは、場当たり的。

ですから、身の丈ビジネスとして継続させるために計画を立て、チームを作り、お金が定期的に入る仕組みを最初に作ることが重要です。
継続は力なり!

■異文化交流
○外国人の入居サポート

最近、私が肌で感じるのが外国人の増加。
市川市での数字はわかりませんが、日本の在留外国人数は20年で10倍と大幅に増えているようです(https://mainichi.jp/articles/20170318/k00/00m/040/047000c
)。
私個人の経験では、スーパーでの順番待ちがわからない外国人に遭遇。レジの人が説明しても、全然理解していない様子でした。
文化や暗黙のルールの違いで、外国人関係のちょっとしたトラブルが増えるかもしれません。
こうした課題を解決するビジネスが求められる可能性があります。

■終活
○納得感を持てる医療や介護の情報提供
○安心感があるスピリチュアルケアとグリーフケア
<関連企画>
エンディングノートは自らの意思を伝え、未来の歴史を作る未来史

厚生労働省は、「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」を今年3月までに改訂するそうです(medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201801/554507.html)。
終活については、医療従事者だけでなく、地域やスピリチュアルな側面でもサポートが必要だと考えています。ことスピリチュアルについては怪しい人物も多いため、「信頼」「安心」がキーワードになるのではないでしょうか。


■農業
○暮らしと遊びを両立させた農業
○休耕地(農地)をリニューアルする

以前のワークショップで、市川市内に休耕地があるという話題が出ました。
また、子育てが理由で市川に引っ越してくるファミリーが多いと、あるフリーペーパーの担当者が話していました。
農業や食育に興味があるファミリーと休耕地を結びつけ、多くの人が利用しやすいようなシステムを作ると、土地が活用できるはずです。

■街並み
○シャッター商店街のシャッターをリニューアル

こちらも私が肌で感じていることです。シャッターが閉まりっぱなしの商店が多く、うら寂しく、なんとなく治安も悪いような印象を抱きました。
商店の再生は難しいものの、灰色のシャッターに絵を描いたり色を塗ったりすることで、雰囲気は変わるのではないでしょうか。また、シャッターを広告利用できる状態にすれば、商店主にも利益が生まれます。

■育児
○仕事と育児の両立サポート
○文化・教養を大人から子どもに教えるミニ講座
<関連企画>
既存の仕組み・施設に、プロの市川市民の経験・知識を掛け合わせて新しい仕事を作る

子育てやワーキングマザー関連の団体は市川市内にたくさんあるので、すみ分けが必要です。
子育てを親子の課題ととらえず、地域の大人との「ナナメの関係」の課題として、イベントや講座などを企画することを提案します。

■中年以降のサバイバルプラン
○仕事と介護の両立サポート
○中年ニート・引きこもりのサバイバルプラン作成
<関連企画>
新しい道に進むチャンスをつかもう! 卒婚・熟年婚が成功する7つの法則
中年ニート・引きこもりのサバイバルプランをお金・健康の両面で考えたい

今後クローズアップされると予想されるのが、中年以降のサバイバル。介護で仕事を辞めざるを得なくなったり、ニート・引きこもりの状態で中年になってしまったりした場合に、どうやって生活していくかは家庭内だけで問題は解決できないかもしれません。地域の課題として、どんな方法が考えられるのか探っていく必要があります。

Continue Reading

千葉県でのカウンセリング料金の相場とは?

「カウンセリング」は、基本的には傾聴する仕事と考えられます(カウンセラー、コンサルタント、アドバイザーの違いとは?)。

電話でのカウンセリングは、公共機関などで通話料だけで受けられます。
○いのちの電話など 千葉県内の精神保健福祉センターなど
法的トラブル、うつ病・薬物依存から思春期相談まで、幅広く受け付けています。
https://www.pref.chiba.lg.jp/kenzu/kokoro/soudanitiran.html

○働く人の悩みホットライン 日本産業カウンセラー協会本部
相談は月~土の午後3時から午後8時まで受け付け。内容は、職場、暮らし、家族、将来設計など、働くうえでのさまざまな悩みで、相談時間は1人1回30分以内です。
http://www.counselor.or.jp/consultation/tabid/298/Default.aspx

対面でのカウンセリングについては、以下のとおりです。
○日本産業カウンセラー協会(全国各地の支部にある相談室でのカウンセリング)
1回 50分 6,200円(賛助会員5,500円)

○千葉県内の臨床心理士
約1時間 約8000円
1回当たりの面接料金 約5000~10000円
※日本臨床心理士会ウェブサイトでの調査より

公認心理士、臨床心理士、産業カウンセラーといった資格がない人の場合、インターネットで調べたところ30分当たり3000~5000円程度が、カウンセリング料金の相場と言えそうです。

イラスト Flaticon Basic License. 

カウンセリングの料金設定で難しいのは、1回単位で考えるか、時間単位で考えるかという点。
悩みを抱えたクライアントは話が長くなる傾向にあります。
ですから、例えば1回30分と決めていても時間を延長する可能性が非常に高いわけです。この場合、延長しそうになったら「もう30分ですから、今回はここまでで」と伝えるか、10分単位で延長料金を決めておく必要があります。

悩んでいたり苦しんでいたりする人の力になりたくて、カウンセリングに取り組む人も多いのではないでしょうか。
「役に立ちたい」「貢献したい」という気持ちは大切です。

一方で、カウンセリングに取り組んだために精神的に追い詰められる、金銭的に苦しくなるといった状況にはまり込むと、カウンセラーがつぶれてしまうのではないでしょうか。

結果としてカウンセリングが続けられなくなってしまえば、クライアントを中途半端な形で放り出すことになったり、悩みを抱える人に貢献できなくなったりするはずです。

無料で相談を受けたい人には、公共機関などが受け皿を作っています。
ですから、生業としてカウンセリングを行いたい場合は、自分の暮らしを守るために料金を適切に設定することをお勧めします。
さらに、料金については経験とともに段階的に高くすること。

また、心理的なカウンセリングとその他のカウンセリングでは、料金体系は異なるほうがいいでしょう。
例えば収納、整理関係のカウンセラーの場合、目標は家の中を片づけること。散らかり具合などから○カ月かかるとクライアントと話し合って、カウンセリング料金は「家の中が片づけられるまでの○カ月分として○○○○円」などと設定できるでしょう。
しかし、心理的なカウンセリングは、クライアントの状態によって必要なときと不要なときがあるはずです。そのため「心理的な問題が片づけられるまでの○カ月分として○○○○円」という料金体系は不適切ではないでしょうか。

クライアントが気持ちよく、安心してカウンセリングを受けられる。
カウンセラーの精神状態と暮らしを守る。
そのような観点と「30分当たり3000~5000円」という相場を見比べながら、カウンセリング料金を検討するとよさそうですね。
Continue Reading