広報は要注意! 出しゃばると、鼻で笑われるのですね

プレスや広告などにキラキラしたイメージを抱いている人は少なくありません。
しかし、仕事内容は、本来、決して自分自身が目立つことのない「黒子」。
この部分をはき違えると、実に恥ずかしい状況に陥るのだと実感させられた出来事がありました。

それが、日本大学の記者会見。
日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル事件に端を発し、スポーツ庁の長官も言及して、日大全体の体質までが問題視されています。
そんな中、日大アメフト部の指導者の記者会見が開かれたのですが、なぜか注目を集めてしまったのが広報担当の76歳の男性(1942年生まれ)。共同通信社出身とのこと。
https://dot.asahi.com/dot/2018052400054.html
https://www.asahi.com/articles/ASL5R6KRPL5RUTQP047.html

アエラ電子版(2018年5月24日)には「マスコミに記者会見の招集がかかったのは開始1時間前の午後7時」と書かれています。
悪質タックル事件が起こったのが5月6日。
タックルを行った選手が謝罪会見を行ったのが22日。
日大が記者会見を開いたのが23日。
事件が起こってから17日もたっているのに、日大が記者会見を開くと連絡するのがその1時間前というのは、マスコミ関係者の心証が悪いものです。

広報担当者は「マスコミ出身のオレ様が記者会見を仕切ってやる」ぐらいの感覚だったのではないでしょうか。
質疑応答の途中で割って入り、「もうやめてください」「同じ質問です」と記者の質問を制止。
記者からは「会見を続けるかどうか、監督に決めていただきたいんですけど」「監督がお話しされたいみたいなんで、司会の方は控えていただいてもいいですか?」といった発言が挙がったそうです。

私はこの様子をテレビニュースで見たのですが、広報担当者の発言にカメラマンは失笑していました。

それもそのはず。
会見で主役の座についたのが広報担当者だなんて、異常事態だからです。

日大の広報ならば、日大のよさをPRするために、リリースを作成したりメディアと交渉したりすることが仕事。
記者からの問い合わせには正確な対応をする必要があるのに、自分が聞かれていないことに割って入っていくのは見当違いもいいところです。
広報として行うべきだったのは、そっと監督の後ろに行き、小声で続け方を相談したり、「時間になりましたので、あと3つで質疑応答を終わらせていただきます」と言ってから、うるさくなさそうな記者を選んで質疑応答を終了させたりすることではないでしょうか。

そもそも「仕切る」とはどういうことでしょうか。
戦略を立てて、戦術を地道に検討し、記者会見が始まる前にさまざまな手段を準備しておくことだと私は思うのです。
「その場で何とかすればいいや、オレって優秀なベテランだからさ」と日大の広報担当者は勘違いしたのでしょう。

日大の記者会見については、5年ほど前、理事長の黒い金脈関連の弁明で記者会見が開かれたのだそうですが、この会見を仕切ろうとした男性もマスコミ出身者だったとか。
「関係のない人は出て行ってください」と記者からクレームがついたとのこと。

あああ、勘違い広報。なぜ出しゃばって、自分が目立たせてしまうのでしょうか。

私もささやかながら「いちかわ広報委員会(非公式)」プロジェクトを立ち上げました。
「ひたすら黒子に徹する」ことを改めて心に誓いました。
仕事の役割をはき違えている人は痛々しいなあ、見ている私のほうが気恥ずかしいなあと、日大の会見でつくづく思った次第です。

Continue Reading

5月27日(日)ふるさと大和田祭りが開催

市川市大和田は、市川市文化会館周辺で、江戸川河川敷も含む地域のようですね。
大和田自治会が主催する「ふるさと大和田祭り」が5月27日(日)に行われると掲示されていました。
千葉県神社庁監修の「神社の広場」によれば、張り紙にある「甲大神社」は「かぶとだいじんじゃ」と読むようです。
しかし「神后社」については、ネットで調べても読み方がわかりません。

次は甲大神社と神后社に出向いて、どのようなスポットか調べてきます。

市川駅周辺にある多くの神社では、10月にお祭りが開催されているのですが、同じ市内でも地域で異なるようですね。

もう一つ、気になったのは、掲示板の近く、大和田5-8付近にあった「馬頭観世音」。

「ばとうかんぜのん」と読むのでしょうか。
香炉があったり花が供えられていたり、まるでお墓です。
調べたところ、馬の供養として建てられたようですね。
鳥のフンなどで汚されておらず、大切にされていることがわかります。

Continue Reading

もっと楽しくPTAの広報紙を作るには? その5 運動会での撮影は「いい写真を撮る」以上に「無難に撮る」ことが大事

老いも若きも楽しみにしているのが、小学校の運動会。
かわいい子どもや孫のために、張り切っている人は少なくありません。

ですから、当然、小競り合いがあちこちで起こっています

昨年度も広報委員だった私は、「広報」と書かれた腕章を着けて運動会に参加したのですが、やや高齢の女性(とても元気そうで、足腰も弱っていない)から「敬老席が足りない!」とクレームを受けました。
広報の私はまったくの無関係なのですが、「私は広報なんですけど……。まあ、今年はお年寄りの方が多いですね」などと対応し、学校には特に報告はしていません。

また、撮影用として保護者が交替で使用するスペースに、いすを置いて占有しているおじいさんがいました。このおじいさんに注意をしているパパさんがいて、それでもおじいさんは動かず、小さな言い争いになっていました。

他校の話ですが、運動会前日の夜中に運動場に忍び込んで、場所取りをしている保護者がいるそうです。

以上のように、学校への報告の有無を問わず、運動会に小さなトラブルはつきもの
ましてや腕章を着けていれば目立つので、「広報委員が目障り」といった広報委員に関するクレームを学校側につける保護者がいるのは当然ではないでしょうか。

ですから、学校にクレームが来ても、運動会の最中に「邪魔だ。どけ!」などと文句が飛んできても、広報委員の責任ではないと私は考えます。
観客席にいる保護者もテンションが上がっているわけで、通常の状態ではないのですから。
広報委員が写真撮影中に文句を言われたら、場所を移動すればいいだけのこと。

ただ広報委員は、PTAの仕事として運動会を撮影しているので、文句を言われたらやはり嫌な気持ちになります。

ここでは、運動会の撮影で嫌な気持ちにならずに済むようなテクニックを挙げておきます。

運動会の撮影で嫌な気持ちにならずに済むテクニック

1 「撮影の仕事をしています」という服装にする
運動会でもヒラヒラした服装の保護者はたくさんいます。こうした服装で撮影していると、保護者の中ならともかく、グランドの中だと浮いて悪目立ちをします。
つばの広い帽子も然り。

ですから、広報で撮影をするのなら、地味でスポーティーな服装で、いかにも「撮影はPTAの仕事ですから」という雰囲気を出したほうが無難です。
くれぐれも、ファッション誌に掲載されている「運動会コーデ」などしないように……

2 スマホで大量に撮影しない
保護者の中にはすっごいレンズのカメラを持っている人がウジャウジャいます。
そのような人から見れば、スマホで撮影している広報委員は「記念撮影かよ!」という気分になりがち。
ましてや気合を入れて撮影している自分の前に立たれると、「どけよ!」とイライラする可能性は高くなるでしょう。

はっきり言って、広報紙の写真はスマホでじゅうぶん。最近のスマホはカメラ機能が非常に高く、広報委員だからといってカメラを買う必要はまったくありません。

しかし、周囲からは「記念撮影かよ!」と思われがちで、大量に撮影しているとプライベート用の動画を撮っていると勘違いされる可能性も高くなります。

スマホしか持っていない人は、2~3枚撮影したら腕章を外して観客席で応援することをお勧めします。

3 撮影する前に、周囲を見回す
「撮影しなければ!」というプレッシャーが強いと、周囲が見えなくなりがち。
なかには本部の前で撮影してしまって、「怒られちゃった」と話している人もいました。本部テントが目に入らなかったのでしょうね。

ですから、必ず撮影する前に周囲を一度見回しましょう。
後ろにどんな人がいるのか確認し、すっごいレンズを着けたカメラの持ち主がいたら、撮影場所をずらしたほうがいいでしょう。
私の場合は、周囲に知り合いがいたら手を振って「広報の仕事なの!!」とアピールしています。

4 「自分が提出するのは2~3枚」と、カット数は少なくてもいいことを意識する
1つの競技で撮影するのは1枚でじゅうぶん。ブレてさえいなければかまいません。さらに言うと、少々ブレていても掲載時には気になりません。

広報紙は大きくてもA3サイズ。
ここに1~6年生の出し物と競技、さらには組体操や騎馬戦、応援合戦、開会式、閉会式などを入れるのです。
1つの出し物の写真は、入れるとしても1点だけ。サイズもかなり小さくなります。

「撮影しなければ!」「たくさん撮らなければ!」「いい写真を撮らなければ!」と責任を感じる必要はありません。
どうせ数枚しか掲載できないのですから。

試しに作ったラフ。A3でこれ以上の写真を入れたら、写真の出来もへったくれも関係ない

全学年全種目の写真を載せるのはサイズ的に厳しいし、もし全写真を載せるとしたら写真の出来などわからないほど小さくなります。

5 グランドの中で数人集まって立ち話をするのは避ける
広報委員同士で相談したいのでしょうか、2~3人が集まって、グランドの中で立って話をしている光景を目にしたことがあります。正直、非常に目立ちます(悪目立ち)。
相談をしたいのならば、グランドから出て行うのが原則。どうしてもグランドの中が行いたい場合は、中腰になり、できるだけ目立たないように気をつけたほうがいいでしょう。

6 掲載できない・撮影しても喜ばれない写真があることを意識する
保護者の中には、さまざまな事情があって、子どもの写真を広報紙などに掲載してほしくない人もいます。子どもの写真を掲載するには、事前に子ども本人と保護者の承諾が法律的に必要なのです。
また、掲載を承諾したとしても、自分たちの想像していた写真と違う場合(変顔になっている、など)、やはり掲載してほしくないと思う人が出てくるでしょう。

以上のことから、保護者が広報委員、あるいは広報委員と親しい場合に限定して、子どもの顔を撮影するという選択肢もあります。撮影した写真を子どもとその保護者に見せて掲載許可が取りやすいし、先方も「この写真は嫌」などと率直に伝えられるでしょう。
ただ、運動会ではどうしてもたくさんの子どもが写り込んでしまうのですが。

写真掲載にはさまざまな配慮が必要です。いい写真かどうかよりも、子どもや保護者の権利が優先されるのです。

だったら、「撮影しなければ!」「たくさん撮らなければ!」「いい写真を撮らなければ!」と責任を感じてヘトヘトになるよりも、撮影は数点に留めて、かわいい我が子を精一杯応援して運動会を楽しんだほうがいいのではないでしょうか。
広報委員として撮影している私を、なぜかママ友が撮影。コーンが倒れるほど保護者でギューギューだと伝わってきますね。


---
「文句を言われてまで写真を撮るのか」
「肖像権を配慮して子どもの後ろ姿ばかりを撮影した写真を載せる意味はあるのか」
「PTA広報紙に運動会の写真は必要か」
「PTA広報紙に意味はあるのか」
「そもそもPTAは必要か」
と、上記を書きながら考えてしまうところはありますが、現状、広報委員として運動会で写真を撮ることが決定している人がいれば、少しでも参考になると幸いです。
Continue Reading